【先回りすることが大事】特化型ブログの記事数を簡単に増やすコツとは?

 

ひでゆきです。

 

特化型ブログを構築していく上では

記事を書く作業がメインになってきます。

 

記事を書いていく上で大切なことは、

あなたのブログが最大限の収益化できるように

各記事の役割を考えながら

記事を投入していく意識を持つことです。

 

ただ闇雲に記事を投稿しているだけでは

作業していく上での目的を見失いやすく、

収益化までの道のりも遠くなるでしょう。

 

そこで私の場合は、記事の役割を

大きく3種類に分けて考えています。

 

ズバリ答えから言いますと、

  • 集客用の記事
  • 教育用の記事
  • 売り込み記事

この3種類ですね、

それでは、これらの役割について少し解説していきます。

 

まず1つの役割として、お客さんが来ない限り

商品が売れることは100%ありませんから

「集客の役割をしてくれる記事」

というものは必要ですよね。

 

そして、集客したお客さんに対して

あなたのおすすめ商品を売り込んでいくための

出口の役割を果たす記事、

「売り込み記事」というものも必要になってきます。

 

もちろん売り込み記事自体も

集客の役割を担ってくれますが、

入り口は多いに越したことはありませんから

集客記事はどんどん書いていってください。

 

【参考記事】

【灯台下暗し】特化型ブログでアクセスを増やすコツとは?

 

入り口と出口が用意できたら、

訪問者さんにあなたのおすすめ商品を売り込んでいくわけですが、

集客記事からダイレクトに売り込み記事にリンクを送っても

即決で買ってくれるお客さんは稀でしょう。

 

そこで、

お客さんがあなたのおすすめ商品を買ってくれる

確率を上げるための記事、というものが必要になってきます、

それが「教育用の記事」になります。

 

あなたの意見や主張など

個性やオリジナル性を出していける部分ですね、

この教育記事で共感を得られると

読者さんはあなたのファンになってくれますよ。

 

記事の内容としましては

  • あなたの参入しているジャンルの市場背景や専門知識
  • おすすめ商品の魅力(売り込み記事より掘り下げて書く)
  • おすすめ商品を使うことで変わる未来
  • 集客用の記事で取り扱った商品のマイナス面 etc…

ふと思いついた内容でも良いので

読者さんのためになることを書いていくと良いですね。

 

もちろん、嘘情報や誇大した内容を書く必要はありませんが、

あなたのおすすめ商品が如何に優れたものなのか?

といった内容を書いていくことで

読者さんを「欲しがり屋さん」に育てていくことが目的です。

 

 

また、教育記事にも記事タイトルや文章内に

適宜、キーワードを織り交ぜることで

教育記事からの集客も見込めます。

 

3種類の記事の特性を踏まえると

報酬発生までの流れとして、

以下のような仕組みづくりが必要です。

 

集客用の記事

教育用の記事

売り込み記事

報酬発生^^

 

この一連の流れは王道パターンになりますので

意識しておいてください。

 

実際は、

「集客記事・教育記事・売り込み記事」

これらを上手く内部リンクさせて

出口まで誘導していくことになります。

 

また今回は、教育記事を書いていくときに役立つ

とっておきの方法もお伝えしていきますので

参考にしてくださいね。

 

特化型ブログで効率的に記事数を増やすコツ

トレンドアフィリエイトを実践したことがある方は

ご存知かもしれませんが、トレンド記事でキーワード選定していく際に

「2次検索」と呼ばれるものを狙った

キーワード選定の手法があります。

 

詳しくは以下の記事を参照して頂きたいのですが

【参考記事】

トレンドアフィリエイトブログの記事ネタ探しのコツは?

 

簡単に説明しておきますと

 

ヤフーの記事内から目立ったキーワードをピックアップ

ピックアップしたキーワードをグーグル検索にかける

関連ワードが取得される

「ピックアップしたキーワード+関連ワード」

を元に記事タイトルをつけて記事を書く

 

といった内容のものでした。

 

 

実はこの考え方を特化型ブログの教育記事に

応用していくことで、

次々と記事が作成できるんですよ。

 

例えば、あなたが美容ジャンルに参入していて

その中でも「シャンプー」を売りたいとします。

 

現状、スーパー・ドラッグストアなんかで販売されている

市販のシャンプーは最も安いラインなら

詰め替え用で500円とかで売ってるんですよね。

 

一方、アフィリ案件で売っていくようなシャンプーだと

同じ容量でも平気で4,000円~5,000円とか、

そんな販売価格のものばかりです^^;

 

 

私自身、シャンプーに何のこだわりもありませんし

私もアフィリ初心者の頃は

「こんな高いシャンプー、誰が買うねん^^;」

と、そんな印象を持っていました。

 

ですが、「髪は女の命」なんて言うくらいですから

実際には5,000円以上もする高額なシャンプーでも

普通に売れていくものなのですね。

 

それでは実際に、

シャンプーというジャンルにおいての

集客用の記事から販売までの王道パターンを

記事タイトルを交えながら解説していきます。

 

集客記事

ex.「現役美容師がパンテーンシャンプーをガチ評価してみた」

教育記事

ex.「美容師が教える!市販シャンプーで髪が痛む原因とは?」

「安物シャンプーにご用心!髪を痛める成分はこれ!」

売り込み記事

ex.「現役美容師もおすすめ!○○シャンプーガチレビュー」

報酬発生^^

 

この流れが報酬発生までの

ひとつの王道パターンです。

 

 

ここから少し脱線して、

シャンプーそのものの話になります^^;

 

市販のシャンプー(500円くらいのやつ)って、

泡成分に安物を使っているので

低コストに抑えられているんですよね。

 

その弊害として、泡が汚れを落とすと同時に

髪の表面も傷つけてしまう…

 

一方、高級シャンプーは

汚れもきっちり落としてくれて髪も傷めない、

そんな髪に優しい泡成分を使っているわけです。

 

で、その泡成分なり補修成分だったりが

コスト増の原因になっています。

 

以上のような市場背景が存在するのです、

ここで話を元に戻しますね。

 

「パンテーン」で集客したお客さんに対して

「髪が傷むのはパンテーンのせいですよ」

と、これだけのレビューで終わっていては、

ただの情報ブログ・ぶっ叩きブログで終わってしまいます。

 

「シャンプーのせいで髪が傷んでたんですよ!」

という事実をもっと理論づけて

詳しく伝えてあげないといけません、

そのために教育記事を用意しておくのです。

 

例文を挙げて説明してみますね、

パンテーンの記事内で

次のような文章を書いたとしましょう。

 


 

パンテーンは価格競争に走ったシャンプーで、

泡成分に「ラウレス硫酸アンモニウム」

という低コストな成分を使っています。

 

低コストなだけなら良いのですが、実は髪が痛む原因は

この「ラウレス硫酸アンモニウム」にあるのです。

 


 

ここで、「ラウレス硫酸アンモニウム」という

聞きなれないワードが出てきましたね、

こういった専門用語などは2次検索候補になるキーワードです。

 

このラウレス硫酸アンモニウムの危険性について

「安物シャンプーにご用心!髪を痛める成分はこれ!」

といった感じでもっと深く掘り下げた教育記事を

用意していきます。

 

そうすることで、

読者さんはシャンプーについての知識を深めることができますし

せっかく呼び込んだお客さんが、2次検索によって

あなたのブログから離れていくリスクもなくなります。

 

また、先程の例文では

「ラウレス硫酸アンモニウムのせいで髪が傷む」とも

主張していますが、この主張の部分に関しては

この次の文章で理由付けしてあげる必要があります。

 

【参考記事】

ライティングスキルを手っ取り早く上げる方法、何か主張をしたら次の文章で理由を述べる

 

主張に対しての理由付けが

あまりに長文になりそうな場合は、

一旦軽めに説明をしておいて教育記事を別に用意しておく、

といった手段をとると良いですね。

 

以上の2点を踏まえると

先程の例文は以下のようになります、

赤字が加筆した箇所になります。

 


 

パンテーンは価格競争に走ったシャンプーで、

泡成分に「ラウレス硫酸アンモニウム」

という低コストな成分を使っています。

 

【参考記事】

「安物シャンプーにご用心!髪を痛める成分はこれ!」

 

低コストなだけなら良いのですが、実は髪が痛む原因は

この「ラウレス硫酸アンモニウム」にあるのです。

 

ラウレス硫酸アンモニウムという洗浄成分は、

原価が安く洗浄力も強力で

市販の500円ラインのシャンプーによく使われている成分です。

 

ですが洗浄強力すぎて髪のキューティクルまで

傷めつけてしまうんですよ、

髪を洗えば洗うほど傷みは進行していきます。

 

【参考記事】

美容師が暴露する!市販シャンプーで髪が痛むってホント?

 


 

これくらいの文章だと軽めの理由付けもありますし、

興味を持ってくれた読者さんは

次のページ開いてくれますよ。

 

実際には参考記事にリンク先ページのURLを入れて

内部リンクさせていくことになります。

 

大切な考え方として、

「読者さんが疑問に感じるポイントを

先回りして解決していく」

このことを覚えておいてください。

 

 

ひとつの教育記事を書いたら

その教育記事からまた次の教育記事へ、

といった具合に常に疑問に対する答えを用意しておくことで

読者さんからの信頼を得ることができます。

 

次々に先回りを繰り返すことで、

副産物的に記事数も増えていきますよね、

記事数の多い少ないは大した問題ではありませんが

多いに越したことはありません。

 

また、内部リンクを増やすことでSEO対策にもなっていて

  • 平均PV(ページビュー)
  • 滞在時間

これらの数値の上昇にもつながります。

 

各サイトの平均PVや滞在時間は

グーグルもチェックしている部分です。

 

当然ながらこの2つの数値が高いほど

「読者にとって有益なサイト」

と判断され検索結果を上位に表示してくれるようになりますよ。

 

特化型ブログで記事数を増やすコツ まとめ

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

それでは簡単にまとめておきますね

  • 記事を「集客・教育・売り込み」の3種類に分ける
  • 2次検索を先回りして用意しておく
  • 記事から記事へと内部リンクを張り巡らせる
  • 内部リンク増やすとPV・滞在時間アップでSEO対策にも

以上になります。

 

 

また、何か質問などありましたらご連絡ください。

ひでゆきに連絡する

ひでゆきのプロフィールはこちら

 

ひでゆき「無料メール通信」のご案内

多くの方の目に触れるこういったブログという形では

とてもじゃないけど表に出せないような裏情報は

メルマガの方でだけこっそりと公開しています。

 

登録はもちろん無料ですが、

お届けしている内容はそこらに転がっている有料の情報より

よっぽど濃いものになっております。

 

メルマガ発信の限定企画なども用意していますので、

現実としっかり向き合って稼いでいきたい方は

是非一度登録してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。